[時代小説]佐伯泰英:「故郷はなきや 新・古着屋総兵衛(15)」

a0251950_16292783.jpg
 佐伯泰英さんの「故郷はなきや 新・古着屋総兵衛(15)」(新潮文庫)を読了。半年ぶりの新作、シリーズ15巻目。

 今巻はイマサカ号と大黒丸を率いて越南(ベトナム)に向かう鳶沢信一郎と、江戸に残って信一郎ら交易船団の無事を祈る総兵衛の話が交互に登場して話が展開していく。

 越南に向かった信一郎には交易の道筋をつける目的のほか、生きている可能性があると聞かされた総兵衛の母親を見つけるという使命があった。荒れた海で大黒丸で事故が起きたりしたものの、交易船団は越南に到着。さっそく現地の川端次郎兵衛を仲介して嘉隆(ザーロン)皇帝に謁見する。ちなみに川端次郎兵衛は総兵衛とは第8巻で登場した旧知の越南在住の和人である。同時に交易船団の一員として乗船してきた総兵衛の弟の勝幸と妹のふくに母親を探させる。

 一方、江戸では総兵衛暗殺の情報が密偵の北郷陰吉によって持たされた。総兵衛は陰吉や天松、忠吉らに相手の動きを調べさせるが、ここで大活躍するのが湯島神社の元おこもで大黒屋の一員になった小僧の忠吉だ。口達者で機転がきく忠吉は、総兵衛暗殺を引き受けたとされる貧乏浪人の筑後平十郎に近づき、なんと大黒屋に連れて総兵衛と会わせたりするのだが・・。

 総兵衛が大黒屋10代目を継いでから今坂、柘植、池城などが鳶沢一族に加わり、特技をもった人物が多くなってきた(なんだか“水滸伝”っぽく思えてしまうけど)。本作でも今後の物語に登場して活躍しそうな人物が新しく出てきた。少し手を広げすぎた気もするが、著者が総兵衛を通じてどう活躍させるか、お手並み拝見である。

 なお、本書のあとがきには著者自身が総兵衛の母国ベトナムを6年ぶりに再訪したことが記されている。


[PR]

# by kei-u23 | 2018-02-11 17:15 | | Comments(0)

[鉄道模型]「E26系 カシオペア」をメイクアップする(6)マシE26-1

 カシオペアのメイクアップは、4号車から6号車までのスロネE27を続けて行ってきたが、今回は3号車の食堂車「マシE26-1」だ。事前にある程度予想していたが、マシE26-1の作業は難易度が高い。全30脚の椅子の一つ一つにシールを貼り付けるところがかなり面倒くさい。

 まずは台紙からのカットだが、十字形の各パーツを誤って切り損ねないように注意してカッターで切り取っていく。大きさはすべて同じなので、カット作業を一気にして、それから集中して貼った方が効率的だろう。
a0251950_08595938.jpg
 カットしたパーツのシールは椅子の背をくるむように被せていく。シールは剥がれやすいので(説明書にあるように)接着剤を使わなければならない。でもなかなかきれいに貼れない・・。きれいに貼れたと思ってもしばらくするとシールが浮き上がって剥がれてくる。とくに椅子の背の左右部分をきちんと巻いて背の上からくるまないときれいにならない。椅子へのかぶせ方、接着剤の付け方など、いろいろ試行錯誤をしてやってみたけど、よく見れば見るほど仕上がりは美しくない。妥協してヨシとしよう。
a0251950_09003371.jpg
 次にテーブルクロス。2つのパーツから成っていて、テーブルから垂らしてテーブル・ライトを囲むように貼っていく。テーブルは4人掛けが6卓、2人掛けが3卓あるが、実車は4人用が5脚、2人用が4脚で定員は28名らしいので、微妙に食い違っているような気がする。ということで、こんな感じになった。近づいてよーく見るときれいに貼れていないけど・・。目をつぶることにする。余力があればフィギュアでもって思ったけどこれ以上はやめておく。
a0251950_09032136.jpg
 厨房の台は付属の木の棒を使って再現。木の棒を指定の大きさにカットし3面にシールを貼って床に固定する。
a0251950_09034666.jpg
a0251950_09043436.jpg
 こちらは通路側の様子。
a0251950_09041853.jpg
a0251950_09042393.jpg
 さて、シールを貼り終わったあとは純正の「KATO LED室内灯クリア E26系用」を装着して点灯するかどうかを確認。
a0251950_09080653.jpg
 ボディをはめてしまうと、かなり苦労して貼ったシールのほとんどの部分が見えなくなってしまう。出来栄えはよくないからボディが隠してくれると言った方が適切か。残念ながらカシオペアに乗車した時、メニューが高額だったし3号車の食堂車は利用しなかった。今となれば奮発してここでディナーを食べてもよかったなぁ・・と後悔。
a0251950_09084012.jpg
a0251950_09084576.jpg
a0251950_09084846.jpg
a0251950_09085147.jpg
 さてこれで1号車から6号車が完成した。ようやく折り返しだ。次は7号車スロネE27-202に取り掛かかって12号車まで順に進めていく予定です。


[PR]

# by kei-u23 | 2018-02-07 09:23 | 模型 | Comments(0)

[鉄道本]川島 令三:「全国鉄道事情大研究 北陸篇2」

a0251950_11342798.jpg
 川島令三さんの「全国鉄道事情大研究 北陸篇2」(草思社)を読了。

 今ごろになって読み出してみた「全国鉄道事情大研究」シリーズ。田舎の「北陸篇1」が読みたかったけどすでに版元でも絶版扱いで入手が難しくなっている。そこで在庫があった「北陸篇2」を入手して読んでみた。

 本書で紹介しているのは、富山地方鉄道本線、立山線、大川寺遊園線、市内線、黒部峡谷鉄道、関西電力、JR大糸線(南小谷〜糸魚川)、JR信越線(長野〜新潟)、JR飯山線、蒲原鉄道、新潟交通、JR越後線、JR弥彦線、JR上越線、JR上越新幹線、JR吾妻線、北越急行線(建設中)だ。北陸篇というタイトルではあるが北陸地域に入るのは富山だけで、残り信越と上州(群馬)の一部が入っている。おそらく東京から北陸への路線を考察するためにこうした構成になったのだと思われる。

 本書の刊行は1995年10月だから、今から四半世紀前の鉄道事情だ。1995年といえば、阪神淡路大震災が起きた年であり、Windows 95が発売されてインターネットが普及した頃で、北陸(長野)新幹線は建設中。北陸新幹線が金沢に延伸する前に、上越新幹線の越後湯沢を経由して首都圏と北陸地方を結んでいた「北越急行ほくほく線」も建設中であった。なお、紹介されている蒲原鉄道と新潟交通は本書の刊行後に廃線になってしまっている。また本書ではフル規格での長野〜金沢間の北陸新幹線延伸の可能性はほとんどないとし、スーパー特急式やミニ新幹線などでの時間短縮を論じているけど、同区間は2015年3月14日にフル規格で開通。これにより最速で東京〜富山は2時間8分、東京〜金沢は2時28分と、所要時間は大幅に短縮された。

 さて、一部は現状とは変わってしまっているけど、全般的に著者の論調は厳しい。各線の利用状況や車両、施設、ダイヤなどを徹底検証した上で、さらに利用者増をはかる手段として、スピードアップして時間短縮できる車両の導入、利用しやすいダイヤの構築、乗り心地のいい座席の設置など、積極的な投資を促す川島節を楽しめる。


[PR]

# by kei-u23 | 2018-02-02 11:50 | | Comments(0)

[雑誌]鉄道ファン 2018年3月号

a0251950_14032045.jpg
 「鉄道ファン 2018年 3 月号」(交友社)を発売日に入手。

 表紙は209系「B.B.BASE」。1月6日より営業運行が始まったサイクルトレイン。自転車を解体しないまま乗車できる車両だ。一部の地方私鉄では通勤、通学用に自転車を乗せられる電車が走っているけど首都圏ではあまり見かけない。3月までは旅行商品として運行されるらしいが、輪行のサイクルニストさん向けではないような気もします。

 特集は「14・24系客車カタログ」。全車の車歴表と各区分を解説したマニア向けの詳細記事。車両にそれほど詳しくない自分にはむずかしい内容だ。かつて一世を風靡した14系も24系も寝台列車がなくなった今ではほとんど見られなくなった。近い将来消滅し模型でしか再現できなさそうだが、のちに貴重な資料となりそうだ。

 身近なところでは小田急線代々木上原〜梅ヶ丘間の複々線化工事で残っていた緩行線トンネルの報道公開記事。いよいよこの3月から同区間が複々線の運用開始となる(長かった!)。地下ホームが2階建て構造になる下北沢の運用が楽しみだが、地下化で井の頭線の乗り換えは時間がかかり不便にはなった。地上駅時代の記憶も徐々に薄れてきたのは寂しい。下北沢駅周辺の地上の様子も大きく変わっていく。

 JR西日本の三江線の廃線が迫ってきた。いろいろなメディアで取り上げられているが廃線にするのが実に惜しい。もっとアピールすれば廃線は防げたのではないかと思うのはこれまでの廃線になった路線と同じ。廃線までに乗るという鉄道ファンが多くなっているみたいだが、自分もなんとか最初で最後の乗車を 実現したいと思っている。

 他にもEF64 1028号機、貸切コンテナ列車、Zルート貨物1090・1091列車など、JR貨物関連の気になる記事も並んでいる。

・「鉄道ファン 2018年2月号」(2018.1.12)

[PR]

# by kei-u23 | 2018-01-25 14:23 | 雑誌 | Comments(0)

[鉄道模型]「カトー Nゲージ・HOゲージ 鉄道模型 カタログ 2018」

a0251950_20031303.jpg

 2018年に発売される、または発売予定のNゲージとHOゲージのKATO製品を1冊にまとめた総合カタログ。“カタログ”というと無償配布が普通だけど、268ページ(表紙も含む)のボリュームだし有償は仕方ないか(KATOもこれで儲けようとは考えてはいまい)。それにこうしたカタログは後年資料としても使える。

 紹介されているのは車両だけでなくオプションパーツや線路、ストラクチャー、レイアウト用品など全製品。製品紹介だけでなく入門者向けに鉄道模型についてやその楽しみ方、またボディの取り外し方やカプラーの交換、室内灯の付け方などの方法なども解説、その合間には囲みでミニコラムもある。

 2018年版カタログの目玉は表紙にも掲載されている「E001形 TRAIN SUITE 四季島 10両セット」になるのだろうか。これは昨年クリスマス前に発売された新製品。自分も予約して入手したが、このカタログでも四季島は見開き2ページで全10両を紹介している。

 こうした年鑑形式の出版物は効率よく編集するため、問題なければ前号を流用することが多いけど、2018年版はより見やすくするために以前より商品画像を大きくするなど、レイアウトの一部を変更している。

 ページをめくっていると気になる製品がいろいろあり、物欲が沸いてきて困ってしまう・・。

[PR]

# by kei-u23 | 2018-01-20 09:23 | 模型 | Comments(0)