[寺社巡り]大田区・池上本門寺〜力道山の墓所

 久しぶりに池上線に乗って前から訪れてみたかった池上本門寺に行ってみた。池上線は10月9日に「開通90周年記念イベント」の一環として無料乗り放題となり、多くの人で賑わったそうだ。でも休日の昼間の池上線はのんびりとしている。池上線のホームは東急五反田ビルの4階と直結した高い位置にあってJR山手線を望むことができる。
a0251950_09082010.jpg
 五反田を出発すると3両編成の電車は住宅が密集したなかに進んでいく。商店街で有名な戸越銀座は今回はスルーして約20分ほどで池上に到着。駅近くの「インディアン池上店」で支那そば+半カレーセットを食べてから池上本門寺に向かう。

 池上本門寺は日蓮宗の大本山。日蓮が没したとき池上宗仲が寄進したのが始まりのようだ。入口でもある「総門」は17世紀末〜18世紀初めの元禄年間の建立とされる。
a0251950_09090575.jpg
「此経難持坂」は運動不足の自分にはちょうどいい負荷がかかる段数96の石段だ。慶長年間に加藤清正が寄進したものらしい。総門と此経難持坂は大田区指定有形文化財になっている。
a0251950_09091118.jpg
a0251950_09091460.jpg
 石段を上ると見えてくるのが「仁王門」。国宝だった「山門」は昭和20年の空襲で焼失。現在の仁王門は昭和52年に再建されたと説明にある。門を入ると「大堂」が見えてくる。
a0251950_09095378.jpg
 現在の大堂は昭和39年に再建された4代目だそうだ。祖師堂とも言われているが、“祖師”は日蓮さんのことをいうらしい。毎年10月に行われるお会式には多くの人で大混雑するそうだが、訪れたときは時季がら七五三の参拝客が目立った。
a0251950_09095640.jpg
 空襲による焼失をまぬがれた「五重塔」は国の重要文化財である。17世紀初めの建立された。
a0251950_09103617.jpg
a0251950_09103132.jpg
 五重塔の近くの墓所で猫が日向ぼっこをしていた。野良猫だろうか? 野良にしては毛並みは薄汚れていないけど。
a0251950_09113394.jpg
 池上本門寺には著名人の墓所が多くて敷地も広くて立派なものが多い。なかでも有名なのが力道山のお墓。胸像もあってかなり立派なものであった。力道山は素行など問題はあったけど、“空手チョップ”でプロレス大ブームをつくったレジェンドであり、戦後の昭和史やテレビ史を語るのに外せない。
a0251950_09120354.jpg
a0251950_09120801.jpg
 力道山の墓所にはカマキリがいた。力道山の御所ということを知っているのか? 力道山とカマキリ、なんとなく似たイメージのような気もするけど・・。
a0251950_09121249.jpg

[PR]

by kei-u23 | 2017-11-06 09:35 | 町散歩 | Comments(0)