人気ブログランキング |

[本/時代小説]岩室 忍:「信長の軍師 巻の三 怒涛編」

a0251950_09080682.jpg
 岩室 忍さんの「信長の軍師 巻の三 怒濤編」(祥伝社文庫)を読了。第3巻は信長が今川義元に奇襲をかけて討ち取ったあとから始まる。勢いに乗った信長は美濃を攻めたりするが、信長が恐れているのは武田信玄である。いつ信玄が甲斐を出て上洛を目指すのか、信長の軍師である沢彦は間者を通じて動向を探る。また沢彦は信玄と並ぶもう一人の戦国の雄である上杉謙信にも直接会いに行って、上洛の意思を確認したりする。

 織田軍は軍事力では信玄や謙信より劣るし、織田軍自体も決して強くはない。それでも信長が競い合えているのは尾張が裕福で経済力があったこと、それによりいち早く最新兵器である鉄砲を多数所有できて、それを使った戦い方で一歩先に行っていたことだろうか。加えて京に近いという地理的な要因も大きい。

 一般に偉業をなすには自分の力のほかに“運”も必要になってくる。“天下布武”を目指した信長にとって最大の幸運は、西進中の信玄が病魔に倒れたことだろう。もし信玄が健康であれば織田軍は飲み込まれてしまったかもしれない。しかし武田騎馬軍団は信玄という求心力を失ってからは天下取りから大きく後退。またこの後上杉謙信も急死・・。戦わずして信長は信玄、謙信に勝ってしまった。天は信長を選んだのである。

 沢彦は乱世に終止符を打つための武将として、信長の可能性にかけて幼年期より指導してきた。信長は尾張を統一、美濃も制圧して上洛していくが、沢彦が描いていたのは足利幕府に変わって信長が征夷大将軍になって幕府を開くということだったかもしれない。しかし信長と沢彦はここで重大なミスを犯す。このミスが後々天下統一事業において大きな障害になり、そして信長は徐々に沢彦の予想しなかった方向に進んでいくことになる。

 ところでずっと読んできて今頃気がついたのは信長の台詞の最後にはすべて「!」が付いている。甲高い相手を緊張させる迫力ある声だったのだろうと想像させてくれる。

・「信長の軍師 巻の二 風雲編」(2019.11.25)

# by kei-u23 | 2019-12-11 09:23 | | Comments(0)

[雑誌/鉄道]:鉄道ファン 2020年1月号

a0251950_11582904.jpg
 「鉄道ファン 2020年 1 月号」(交友社)に目を通した。

 表紙は「京成電鉄3100形」。残念ながら京成や東武は利用する機会がほとんどないのでよく知らないのだが、3100形は京成電鉄が約16年ぶりに導入した新形式通勤車両で、1次車は成田スカイアクセス仕様だそうだ。「新車ガイド」で詳しく紹介されている。

 特集は「485系55年の軌跡(1)」だ。特集のリード文には、2018年11月号の「103系55年の軌跡」という特集が読者に好評だったため、今回は国鉄・JRを代表する特急電車の「485系」にスポットを当てたとある。485系は交直流で50MHz、60MHzにも対応するオールマイティーの車両だから日本全国の幹線でその姿を見ることができた。記事では485系一族の最初の形式である481系や483系を含めて、歴代の485系の車両を細かく紹介している。もちろん自分の田舎でも京阪神・中京から北陸エリアを結ぶ「雷鳥」と「しらさぎ」で運用されたお馴染みの車両。とくにボンネット型は特急列車としての格式の高さを感じていたように思う。なお、485系特集は次号も続く。

 485系以外の記事は一部しか目を通していないけど、「開業迫る!相鉄・JR直通線」は、本誌発売後だった11月30日から始まったJRと相鉄の直通運転について。開業2週間前に、自分も相互乗り入れ前の相鉄本線に乗車しに行って、西谷駅から横浜寄りで羽沢横浜国大方面に分岐する相鉄新横浜線を確認することができた。近いうちにJR、相鉄、小田急を使って、新宿〜大崎〜二俣川〜海老名〜新宿と一周してみようかと思う。相鉄新横浜戦は2022年には新横浜まで延伸、ここで東急の新横浜戦との接続する予定。相鉄、JR、東急の乗り入れが予定されていて、まだまだ楽しみな続きがある。

 1月号は新車両に関する情報が多いような気がするが、身近なところでは小田急から12年ぶりに新形通勤車両5000形が登場。2020年3月から営業開始とあるが、導入する編成数は少ないし実際にお目にかかれるのはかなり先になるのだろう。

 「国鉄・JR転換線探訪」は会津鉄道。筆者が初めて訪れた32年前の姿、その後の変化、そして直近の訪問の様子を記している。会津鉄道は、最近は東武、野岩鉄道、会津鉄道と乗り継いで首都圏から会津若松に行くルートとして、メディアに取り上げれられることが多い。自分も敢えて雪景色の季節に乗ってみたいと思っているのだが・・。

・「鉄道ファン 2019年12月号」(2019.11.8)

# by kei-u23 | 2019-12-07 12:23 | 雑誌 | Comments(0)

[鉄道模型/KATO]「87系 TWILIGHT EXPRESS 瑞風 10両セット[10-1570]」届く

 11月最終週に発売になった「87系「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」10両セット[10-1570]」。ネットではメーカー出荷後から瑞風のパッケージや早くも走らせている動画などが続々とアップされ、なかには一足先に発売された TOMIX の瑞風と比較をしたコメントも多数あげられていた。それにしても KATOとTOMIXの両方を購入するとはなんとも羨ましいかぎりである。

 自分にも11月最終日に予約していた「瑞風」が届いた。すぐに開封したかったが予定があったため、ダンボールを開けたのは翌日になってしまった。さっそく製品に問題がないかを確認。
 「瑞風」の外箱は KATO カラーのグリーン。通常製品とほぼ同じ色なので同じ特別企画品の「四季島」や「ななつ星」と比べると目立たないけど、箱の表の金色の製品名やロゴが豪華さを感じさせる。
a0251950_01424703.jpg
 外箱のなかにはブックケースが2つ入っていて、それぞれ5両収納されている。
 以下、1号車から10号車までを順に撮影してみた。
・1号車「キイテ87-2」展望車
a0251950_01425185.jpg
a0251950_01425418.jpg
・2号車「キサイネ86-101」寝台個室(1両3室)
a0251950_01425822.jpg
・3号車「キサイネ86-301」寝台個室(1両3室)
a0251950_01430277.jpg
4号車「キサイネ86-401」寝台個室・ロイヤルシングル連結(1両3室)。4号車は動力車で、走らせてみて問題なく動くことを確認した。
a0251950_01430187.jpg
5号車「キラ86-1」ラウンジカー
a0251950_01430934.jpg
6号車「キシ86-1」ダイニングカー
a0251950_01431024.jpg
7号車「キサイネ86-501」寝台個室(1両1室)
a0251950_01431945.jpg
8号車「キサイネ86-201」寝台個室(1両3室)
a0251950_01431969.jpg
9号車「キサイネ86-1」寝台個室(1両3室)
a0251950_01435495.jpg
10号車「キイテ87-1」展望車
a0251950_01440393.jpg
a0251950_01440902.jpg
 さてざっと各車両をつないで撮ってみたけど。ボディの塗装は通常製品とは明らかに違っていて高級感がある。各車両の内装の仕上がり具合が気になるが、室内灯をつけるときに確認してみようと思う。


# by kei-u23 | 2019-12-03 09:23 | 模型 | Comments(0)

[鉄道模型/ポポンデッタ]19D形式コンテナ収納ボックス(19D-17824)

 ポポンデッタの鉄道グッズ「19D形式コンテナ収納ボックス (19D-17824)」を購入してみた。JR貨物のワインレッドのコンテナ「19D形式コンテナ」をモチーフにしデザインした折りたたみ式の収納ボックスで、鉄道ファンがニヤッとして買いたくなる製品だ。ちなみに他には「日本通運 U52A形式」「C35形式」「18D形式」「6000形式」などがある。

 19D形式の収納ボックスの容量は40L,、大きさ(外寸)は、長さ 53.0 × 幅 36.6 × 高さ28.1cmで、折りたたんだ時の高さは 9.5cmになる。ブック型の車両ケースが13〜14個入ると説明書にあった。

 折りたたんだ状態はこんな感じ。
a0251950_14194453.jpg
 折りたたんだ状態から広げてみた。組み立てや折りたたむときは手を挟まないように注意。
a0251950_14195614.jpg
 コンテナの側面に JR貨物のロゴなどが印刷されている。
a0251950_14195679.jpg
a0251950_14200555.jpg
 所有しているブック型車両ケースを入れてみて蓋をしめてみた。
a0251950_14200662.jpg
a0251950_14201832.jpg
 JR貨物承認済商品ということで、当然ながら既成品よりかなり高め。もう少し安ければこのコンテナで揃えたりするのだが・・。

# by kei-u23 | 2019-11-30 15:23 | 模型 | Comments(0)

[鉄道模型/KATO]24系 寝台特急 日本海 をメイクアップする(5)オハネ245-51

 KATOの24系 寝台特急「日本海」のメークアップ作業は5号車を終了。5号車の「オハネ245-51」は4号車と同じく「24系 寝台特急 日本海 増結 5両セット[10-882]」に含まれている。

 5号車のシールは7、8号車と共通の仕様なので、これまでの1〜4号車とは少し違ったレイアウトになっているが、貼り付けるフィルムタイプのシールの枚数はそれほど多くない。床やベッド、背ずりなどのマットタイプのシールの貼り付けはこれまでと同じだけど、カーテンの取り付けは慣れてきたなと思ったものの、仕上がりが美しくないところがいくつもある。きれいに貼り付けられた部分をカーテンが全部隠してしまっている感じだ。
a0251950_00302278.jpg
a0251950_00301722.jpg
 シールを貼り付けたあとは、「LED室内灯クリア[11-212]」の室内灯ユニットをカラーフィルターを装着してボディに取り付ける。
a0251950_00313754.jpg
 ブラインドはこれまでより多く貼ってみた。これによりせっかく貼った室内の様子がさらに見えにくくなってしまった。カーテンやブラインドの使用は良し悪しがありそうだ。

 下は客室側からみた様子。オハネ245-51全体と拡大したところ。
a0251950_00332216.jpg

a0251950_00322688.jpg
a0251950_00323425.jpg
a0251950_00323785.jpg
 こちらは反対側の通路側から見たところ。通路側にもこれまでより多くブラインドを付けてみたけど、通路側はとくにブラインドは必要ないか?
a0251950_00321654.jpg
a0251950_00332596.jpg
a0251950_00332559.jpg
a0251950_00332988.jpg
 調べてみると実車のオハネ24-51は、もとは3段式だったがのちに2段式に改良されたようである。しかし2015年度に廃車になってしまった。最後は「日本海」ではなく「あけぼの」で使われていたのかもしれない。


# by kei-u23 | 2019-11-27 09:23 | 模型 | Comments(0)